住宅性能評価・フラット35Sコンサルティング

住宅性能評価の概要

住宅性能表示制度とは「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づく制度です。住まいの性能を10分野32項目において等級や数値でわかりやすく表示されます。安心に良質な住宅を取得するために設けられた制度です。アーキミッションでは、評価機関との事前打合せ、目標とする等級の提案、書類作成、指摘応答、評価書交付、評価書納品までのすべてをサポートいたします。

住宅性能評のメリット

建設住宅性能評価書が交付された住宅については、万一のトラブル発生時には、指定住宅紛争処理機関に手数料1件あたり1万円で紛争処理を申請することができます。
住宅性能表示住宅は地震保険料の割引を受けることができます。
免震建築物割引
▲50%
耐震等級割引
耐震等級1
▲50%
耐震等級割引
耐震等級2
▲50%
耐震等級割引
耐震等級3
▲50%
選択項目によりフラット35Sの技術基準も満たすことができます。

アーキミッションの今までの実績について

アーキミッションは住宅性能評価制度発足時当初からコンサルティング業務を行っております。

共同住宅
3,500棟超(民間、公営)
住戸全体
175,000戸超

※2018年末時点

アーキミッションのコンサルティング

性能評価機関との打合わせから、
住宅性能評価書納品までのすべてのコンサルティング
フラット35Sの技術基準を満たすためのサポート

性能評価申請書類
(自己評価書、設計内容説明書)の作成
目標等級の提案・改善
基準を満たしていない場合の
相談や図面書き込み
性能評価機関への提出
性能評価機関からの指摘対応
住宅性能評価書の受領
建築主様(代理者様)への
住宅性能評価書、副本の納品
性能評価書の取扱の提案
(分譲用の評価書の取扱、
営業的なフォローも可能です)
付随するフラット35Sの
申請サポート

コンサルティングの流れ

性能評価の流れ

性能評価の流れ図
  • ※図面をご提供いただいてから評価書納品まで約1.5~2ヶ月
  • ※1) 情報連絡表とは弊社で用意する指定書式(A4)で計画概要やスケジュール等をご記入頂く用紙です。
  • ※2) フルサポートをご依頼された場合は、アーキミッションにて提出から納品まで行います。